2 件のデータセットが見つかりました

サムネイル表示
  • 航空機搭載高分解能合成開口レーダ (Pi-SAR2)観測データ
    総務省

    夜間、悪天候、噴煙等の条件下でも高高度(1万メートル以上)から30cmの識別ができ、5キロメートル以上の領域を一度に観測できる航空機搭載型合成開口レーダによる地表面の観測画像です。 航空機搭載型合成開口レーダに関する詳しい解説は以下を参照。 http://www.soumu.go.jp/main_content/000362097.pdf
  • フェーズドアレイ気象レーダ観測データ
    総務省

    大阪大学吹田キャンパス、NICT未来ICT研究所(兵庫県神戸市)、NICT沖縄電磁波技術センター(沖縄県恩納村)に設置されたフェーズドアレイ気象レーダで観測された雨量情報(高度2kmのレーダ反射強度)です。