21 件のデータセットが見つかりました

サムネイル表示
  • 火山基本図
    国土交通省 国土地理院

    国土地理院では、科学技術・学術審議会が建議した「地震及び火山噴火予知のための観測研究計画の推進」に基づき、火山噴火予知や防災対策の基礎資料となる地図を作成しています。 日本の活火山のうち、火山防災のために監視・観測体制の充実等が必要な火山を対象に、火山基本図と火山土地条件図を整備しています。
  • 火山土地条件図
    国土交通省 国土地理院

    国土地理院では、科学技術・学術審議会が建議した「地震及び火山噴火予知のための観測研究計画の推進」に基づき、火山噴火予知や防災対策の基礎資料となる地図を作成しています。 日本の活火山のうち、火山防災のために監視・観測体制の充実等が必要な火山を対象に、火山基本図と火山土地条件図を整備しています。
  • 電子国土基本図(地図情報)
    国土交通省 国土地理院

    電子国土基本図(地図情報)とは、道路、建物などの電子地図上の位置の基準である項目(基盤地図情報の取得項目)と、植生、崖、岩、構造物などの土地の状況を表す項目とを一つにまとめたデータです。...
  • 細密数値情報(10mメッシュ土地利用)
    国土交通省 国土地理院

    「細密数値情報(10mメッシュ土地利用)」は、1981(昭和56)年-1997(平成9)年に行われた宅地利用動向調査の成果として作成され、10mメッシュの土地利用データと行政区域データで構成されています。
  • 数値地図500万(総合)日本とその周辺
    国土交通省 国土地理院

    「数値地図500万(総合)日本とその周辺」は、国土全域の位置関係、日本とその周辺地域との位置関係を理解できるデータであり、地理教育や主題図の作成、地図帳編集等の基図として様々な活用ができます。
  • パブリックタグ情報共有プラットフォーム
    国土交通省 国土地理院

    「パブリックタグ」とは、スマートフォンなどで情報が取得可能なWi-FiやBLEマーカなどのデバイスのうち、取り付けられている場所を特定するための情報が所定の形式でデータベースに登録されているものです。
  • 「平成30年北海道胆振東部地震」だいち2号干渉SAR による解析結果について
    国土交通省 国土地理院

    国土地理院は、だいち2号のSARデータを使用した解析により、平成30年(2018年)北海道胆振東部地震に伴う地殻変動を明らかにしました。(平成30年9月8日23:18観測時点) ※今回の結果は速報であり、より詳細な分析等により、今後内容が更新されることがあります。 ※干渉SAR の精度は一般的には数cm...