(1)データベース「出力テンプレート」の修正
「00_データベース\9-1出力テンプレート」に格納されている「出力.xlsx」について、本ツールで用意したデータに不備があり、「将来人口・世帯予測プログラム」(バージョン2.4)で出力される「平成37年(世帯数)」の見出しが「平成35年(世帯数)」と表示されることが確認されましたが、データベースを修正し不具合を解消しました。

https://www.geospatial.jp/ckan/dataset/cohort-v2

(2)「将来人口・世帯予測プログラム操作マニュアル」の修正
「将来人口・世帯予測プログラム操作マニュアル」(バージョン2.2)のp.15~16に記載している、「将来人口・世帯予測プログラム」による予測結果の出力ファイル仕様の説明に誤りがありました。「将来人口・世帯予測プログラム」の出力値は、「2015年(平成27年)の値は実測値、それ以外は予測値になります。」とありましたが、正しくは「2015年(平成27年)の男女総数・年齢階級別人口のみ実測値、それ以外は予測値になります。」となります。2015年(平成27年)の総世帯数・高齢者が世帯主の単独及び夫婦のみ世帯数・高齢者が世帯主の単独世帯数については、「小地域(町丁 ・字 )を単位とした将来人口・世帯予測 ツール について」(バージョン:2.3)の「5.3. 将来世帯数の予測手法及び将来空き家増加数の予測手法」で説明している方法で人口及び世帯主率から予測した予測値を出力していますので、ご注意下さい。
今回、この記述を修正した「『将来人口・世帯予測プログラム操作マニュアル』(バージョン2.3)」をアップしましたので、こちらをご使用ください。

https://www.geospatial.jp/ckan/dataset/cohort-v2

(3)「予測結果簡易グラフ作成プログラム操作マニュアル」の修正
「予測結果簡易グラフ作成プログラム操作マニュアル」(バージョン1.2)のp.6に記載している、「予測結果簡易グラフ作成プログラム」で出力される図表ファイルの「①DATA」「②グラフ(1)」「③グラフ(2)」の「シートの内容」の説明に誤りがありました。「予測結果簡易グラフ作成プログラム」では、人口の出力は平成7~57年で、平成7~27年が実績値、平成32~57年が予測値となり、世帯数の出力は平成27~57年で、すべて予測値となります。
今回、この記述を修正した「『予測結果簡易グラフ作成プログラム操作マニュアル』(バージョン1.3)」をアップしましたので、こちらをご使用ください。

https://www.geospatial.jp/ckan/dataset/cohort-v2